読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FP事務所のんだら舎/行政書士新山文敏事務所 ブログ通信

埼玉県上尾市のFP/行政書士事務所、いろいろな情報を楽しく発信していきます!

傷口に注ぐジンのように…

YAHOOブログ 2016/3/19 投稿
 
 
「わたし」と「だんな」ちょっとほろ苦いお話です。
 
だんな:(急に話し出す)若い娘にお金貸してあげてね、
    まあ、くれてやったと思えばいいんだけど。
わたし:(面倒くさそうに)いきなりどうしたんですか?
だんな:いやね、離婚したばかりでお金に困ってるというから、
    ちょっとばかり人にお金貸したんだよ。それが返してくれなくてね。
わたし:ちょっとっていくらくらいですか?
だんな:600万円かな。まあちょくちょく貸したの合わせてだけど。
わたし:そんなにですか!、金銭の貸し借りで契約書とか交わしたんですか?
だんな:(怒ったように)んなものあるわけないだろう。
わたし:まあそうですよね。
だんな:あんた行政書士なんだから、上手いこと言って彼女に返してもらえる方向に
    仕向けてくれやしないかね。
わたし:なんか嫌な仕事ですよ。内容証明でも送りつければ・・・書きますよ。
だんな:そういうのはしたくないんだよ・・・・。
わたし:だんなに下心でもあったんじゃないんですか?
だんな:それは否定しない、俺も馬鹿だったんだよ、いい歳してさ。
    期待しちゃったというか・・・・。
 
【3日後】
わたし:ピンポ~ン×3回(チャイムの音。正確には「ピー」だった)。
おんな:(ベル越しに)「はい?」
わたし:島根さん(旦那の本名)から頼まれたもので、行政書士の新山と申します。
おんな:・・・・(10秒くらい無言のあと、ドアがあき
    「風吹ジュン」の若い頃のような素敵な女性が出てくる)。    
わたし:(馬鹿なだんなだ。まんまと色仕掛けに引っかかったんだな(;´д`))
    すいませんが・・・(以下、頼まれたことを話す)。
おんな:ちょっと恥ずかしいのでなかにどうぞ(玄関に迎えられる)。
わたし:(あれやこれや話して)
    まあお金少しでも返してくれれば、いいということなんですよね。
おんな:あれは、頂いたものなんです・・・・。
わたし:そうですか、お互いに言い分が違うと争訟案件になるので、
    行政書士では携われないので、知り合いの弁護士に頼むことに・・・。
おんな:(逆ギレして)わかったよ返すわよ!返せばいいんでしょ!
    あ~あ、あんなオヤジ金がなかったら誰が相手になんかする?、
    笑っちゃうよ。あなただってわかるでしょ、それくらい。
わたし:それは私にはなんとも・・・・。
 
 
 【後日】
だんな:いやあ~あんたのおかげで、200万円だけど返ってきた。
    俺はもうこれでいいと思ってる。老後資金であれだけど、勉強になったよ。
わたし:まあ私は正直なんにもしてないんですけどね。
    そうですか。彼女すんなり返してくれたんですか?
だんな:ああ。200万しかないけどこれで勘弁してくれ、ゴメンナサイってね。
わたし:随分しおらしいですね。罵詈雑言とかクソジジイとか・・・・。
だんな:誰が?そんなこと彼女が言うわけないだろう。優しい娘なんだよ。
    ただ生活に困っていただけなんだろう。
    安倍さんは景気がいいっていうけど、一般市民は苦しいんだよ。
わたし:・・・・そうですか。
だんな:今日はあんたにおごってやるよ。まあ駅前の『立ち飲み○高』だけどw。
 
 
「だんな」と呑んだ後、自宅に着くと、なんか気分が重くなりました。
まさか「だんな」に彼女の正体を言えないし・・・。
だんなからせしめたお金で豪遊していた、と誰が話せるでしょうか?
 
男はつくづく馬鹿なのだと思います。
人には知らないほうがいいこともあるのでしょう。
 
夜、ヘッドフォンで聴くAOR
そして、ひとり飲みなおすジントニック・・・自棄に酔いが回る。
今回は「だんな」のことなのに、まるで自分のほろ苦い想い出という傷口にジンを注ぐみたいに・・・。
 
 
イメージ 1
画像をクリックすると当事務所のサイトへ移動しますヽ(*´∀`)ノ